ドル売り再開、リスク回避で円買いも進む

3日のNY為替市場では、ドル円は111.47円から110円台に下落。

3月のISM造業景気指数は2月から低下し、米国債券利回りも低下したことからドル売りが継続した。

また、ロシアの地下鉄爆破事件、トランプ米大統領が英国紙とのインタビューで対北朝鮮問題で単独解決も辞さない構えを表明したことが警戒され、リスク回避の円買いが進んだ。

4月3日のUSD/JPYの値動き

ドル円

世界的にリスクが高い時は、安全通貨の円が買われる傾向がある。

移動平均線(EMA)に沿って下落トレンド継続中。上昇トレンドへ切り替わる為には、為替レートが25EMA・75EMA・200EMAを上に超える必要がある。

USD/JPYの取引例

各EMAで反落する箇所で売り、4日4時(GMT標準時)に決済をする。

下記のチャートで1lot(100,000通貨)取引した場合。

ドル円

計算式

111.500円買い→110.600円売り(決済) = 0.9円の利益

0.9円 × 1lot(100,000通貨) = 90,000円

上記例で取引した場合、約1日で90,000円の利益が出ていた計算となる。

もちろん、例えば取引量が5lot(500,000通貨)だった場合は、利益も5倍の450,000円、10lotの場合は、利益も10倍の900,000円と取引量に応じて利益も増える。

必要証拠金

今回の取引で必要となる資金は、下記の計算式により12,556円のみ。

計算式

111.500円 × 1lot(100,000通貨) = 11,500,000円

11,500,000円 ÷ 888倍 = 12,556円

  • ※ ドルを購入時のUSD/JPYレート111.500円を元に計算しています。
  • ※ 最大レバレッジ888倍の海外FX業者で必要証拠金を計算しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。