トランプ米大統領の「ドルが強すぎる」発言を受けドルが売られる

12日NY為替市場では、ドルが更に売られた。トランプ米大統領は「ドルが強すぎる」と発言したうえで、ドル高はいずれ米経済に打撃を与えるとの考えを示した為である。

トランプ大統領は「ドルが強くなり過ぎている。これは人々が私を信頼しているためで、私のせいでもある。だが、結果的には打撃となる」と指摘。「他国が通貨を切り下げる中でドルが強ければ、競争するのは極めて難しい」と述べた。

この結果、ドルは売られドル安が進んだ。

ドル円の取引例

米トランプ大統領の発言があった109.775円で「売り」、夜が明けて朝の108.779円で決済とする戦略が考えられる。

シリアや北朝鮮のリスク警戒もあることから、今後更にドルが売られることを予想されるので、大きな上昇トレンドに切り替わるまでは「ドルの買い」注文を避けたい。

ドル円15分足

上記のチャートで1lot(100,000通貨)取引した場合。

計算式

109.775円売り→108.779円買い(決済) = 0.996円の利益

0.996円 × 1lot(100,000通貨) = 99,600円

上記例で取引した場合、約6時間で99,600円の利益が出ていた計算となる。

もちろん、例えば取引量が5lot(500,000通貨)だった場合は、利益も5倍の498,000円、10lotの場合は、利益も10倍の996,000円と取引量に応じて利益も増える。

必要証拠金

今回の取引で必要となる資金は、下記の計算式により12,406円のみ。

計算式

109.775円 × 1lot(100,000通貨) = 10,977,500円

10,977,500円 ÷ 888倍 = 12,362円

  • ※ ドルを注文時のUSD/JPYレート109.775円を元に計算しています。
  • ※ 最大レバレッジ888倍の海外FX業者で必要証拠金を計算しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。