FOMCの利上げ発表も年内あと2回の予測も変えず失望感でドル売り。

アメリカ時間午後に公表されたFOMC声明後は、ドル売りの反応が強かった。

市場投資家の予想通り、0.25%の利上げが実施されたが、既に為替市場には織り込み済みで、去年12月の予想と変わらない内容だったことでドルが失望売りされた。

FOMC後のUSD/JPYの動き

FOMC

FOMC声明後は、USD/JPYは114.575円付近から113.200円まで急落。約2時間で1.375円急落しており、市場の失望感が多かったことが示されている。

オランダ選挙の出口調査を受け、ユーロ買いが加速

この日、オランダ選挙で与党勝利の公算(出口調査)を受け、政治不安リスクが後退しユーロが上昇。

FOMC後でドル売りの流れの中、ユーロの更なる上昇の要因になった。

オランダ選挙の影響によるEUR/USDの動き

eurusd

EUR/USDは、オランダ選挙の出口調査結果により政治不安リスクが後退し、1.06250から1.07273付近まで上昇。その幅0.01023 USDとなった。

FX取引例

上記EUR/USDチャート例で1lot(100,000通貨)を取引していた場合。

取引利益計算式

1.06250 USD買い→1.07273 USD決済 = 0.01023USDの利益

0.01023 USD × 1lot(100,000通貨) = 1,023 USD

上記例で取引していた場合、約2時間で1,023 USDの利益が出てきた計算となる。

必要証拠金

今回の取引で必要となる資金は、下記の計算式により119.65 USDのみ。

もし、1lot(100,000通貨)ではなく、0.01(1,000通貨)で取引していた場合の必要証拠金は、1.19 USDのみです。

計算式

1.06250 USD × 1lot(100,000通貨) = 106,250 USD

106,250 USD ÷ 888倍 = 119.65 USD

  • ※ EURを購入時のEUR/USDレート1.06250 USDを元に計算しています。
  • ※ 最大レバレッジ888倍の海外FX業者で必要証拠金を計算しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。