25日NY為替市場はドルが上昇。トランプ米政権の税制改革案へ期待

25日のNY為替市場ではドルが買われ、対円で110.49円から111.13円まで上昇した。

アメリカで発表された3月の新築住宅販売件数(前月比)が、予想-1.4%から結果5.8%と大きく予想を上回ったことでドル買いが進んだ。

また、トランプ米大統領政権は、26日に法人税を15%に引き下げる大規模な税制改革案を発表するとの期待も高まり、ドル買いに拍車をかけた。26日東京外国為替市場もドルが買われている。

ドル円の取引例

3月の新築住宅販売件数(前月比)が発表された110.700円でドルを買い、26日の朝111.230円で決済した場合。

ドル円

上記のチャートで1lot(100,000通貨)取引した場合。

計算式

110.700円買い→111.230円売り(決済) = 0.53円の利益

0.53円 × 1lot(100,000通貨) = 53,000円

上記例で取引した場合、約半日で53,000円の利益が出ていた計算となる。

もちろん、例えば取引量が5lot(500,000通貨)だった場合は、利益も5倍の265,000、10lotの場合は、利益も10倍の530,000円と取引量に応じて利益も増える。

必要証拠金

今回の取引で必要となる資金は、下記の計算式により12,466円のみ。

計算式

110.700円 × 1lot(100,000通貨) = 11,070,000円

11,070,000円 ÷ 888倍 = 12,466円

  • ※ 注文時のUSD/JPYレート110.700円を元に計算しています。
  • ※ 最大レバレッジ888倍の海外FX業者で必要証拠金を計算しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。