4月米住宅着工件数が予想を下回り、ドル円下落。

16日アメリカで発表された4月米住宅着工件数が予想を下回ったことからドルが売られた。

また、トランプ米大統領がロシアに機密情報を漏えいしたとの疑惑が強まったことで、経済政策への期待が後退しドルが下落した原因でもある。

ドル円の取引例

移動平均線の25EMAに接触した113.090円で売り、下落し反発したタイミングの112.600円で決済する取引が可能である。

ドル円

上記のチャートで1lot(100,000通貨)取引した場合。

計算式

113.090円売り→112.600円買い(決済) = 0.49円の利益

0.49円 × 1lot(100,000通貨) = 49,000円

上記例で取引した場合、約3時間で49,000円の利益が出ていた計算となる。

もちろん、例えば取引量が5lot(500,000通貨)だった場合は、利益も5倍の245,000円、10lotの場合は、利益も10倍の490,000円と取引量に応じて利益も増える。

必要証拠金

今回の取引で必要となる資金は、下記の計算式により12,735円のみ。

計算式

113.090円 × 1lot(100,000通貨) = 11,309,000円

11,309,000円 ÷ 888倍 = 12,735円

  • ※ 注文時のUSD/JPYレート113.090円を元に計算しています。
  • ※ 最大レバレッジ888倍の海外FX業者で必要証拠金を計算しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。